RINNG project

世界の国からコンニチハ

BLOG NEWS Rinng RINNG project 製品

006003009009013ここ半年の間で海外の友達が増えました。

FGFSのハブを作り始めて早一年と僅かが経ち作り上げたハブや部品を

ソーシャルネットワークにアップして国内や海外の皆様にイイネッ!イイネッ!を頂く毎日。

皆様に感謝!!!

地元じゃ只の酒飲みオヤジですが

FGFSの部品製作に携れて僕はハッピーと西海岸に向かい叫びたいです。

なかなか生業に成るまではまだまだ時間が掛かりそうですが生涯の仕事が見つかった気がします。

ちょっと大げさですけど…

トリック出来ないオヤジですが、製品作りは頑張ります!


Bookmark and Share

Red Bull Mini Drome

BLOG NEWS Rinng RINNG project

先日Red Bull Mini Dromeに行って来ました!!

小さいトラック競技です!!

午前中、私用が有り午後から高速飛ばして東京まで!僕が会場に入る頃にはベスト16が決まる頃だった

かな。会場内の空気は異様なまでに盛り上がって、普段パソコンの画面でしか見た事の無い競技者達が

レースをしてました。あっ!あの人知ってるよ。おぉ~今度はこの人が走るのか~なんて知ったかぶりも

いいとこで、僕は知っている人なのに、向こうは僕の事を知りもしない。

声を掛ける勇気も無く、脳内フレンドも良い所でした。

でも、彼ら達の日常に少し触れる事が出来た非日常的な1日でした。




Bookmark and Share

Rinng Force Hub-Shaft

BLOG NEWS Rinng RINNG project 製品

少し時間が空いたので今回はシャフト編です。

回転の中心に有る物がシャフト。まっ用は要の部分です!

シャフトの出来がよろしく無いと回転も一定で無くなると考えています(自論)

僕がイチバン拘りたい製品と云ってもイイかも!

そんなシャフトを削り出すのがこのマシン!小型で高性能!!!シチズンマシナリー製のM20Ⅲ型!!!

写真1枚目。で、2枚目が材料ですね。

材料はSCM415と云う浸炭(しんたん)焼き入れが可能な材質です。

材料をセットしてさくっと削り出したのが写真3枚目ですね、今回より対辺8㎜の六角孔を

加工してみました。何かには使えるかと思いまして。

ベアリングの乗る部分には焼き入れ後に研磨をする為、肉盛りしてあります。

ここまでがシャフトのブランク加工と云った所でしょうか。

外注様にて焼き入れと黒染めをして貰い、帰って来たシャフトが写真4枚目。

の後に研磨工程なんですがあぁぁぁ~僕は研磨の経験が全く無く、知り合いの研磨屋さんに

どうしたらイイの?なんて聞く始末。

電話でふんふん聞きまして工具屋さんに焼き入れ後に削れる刃物を用意して貰い

何とかセッッッットォ!!何とか研磨成功しました…写真5枚目。

浸炭焼とは加工した表面から2㎜位の部分が硬く中心は生材に近い焼き入れの手法らしいです。

シャフトに粘りが出ると云うか、全体的に硬いともろく成るし、生焼だと曲がるしと云った

部分では浸炭焼入れの出来るSCM415を僕はチョイスしました。

シャフト1つにしても色々有った様な気がしますけど、更に全体的な技術向上して行かなきゃと

思いました!








Bookmark and Share

rinng-hub

BLOG Rinng RINNG project

我が社で製作してるrinng-hubです。市販化されるまでもう少しカタチもシステムも

改善しようと思っていますが…云ってみりゃープロトタイプって感じですかね?

最初はコグ(スプロケット)だけ創ってたんですけどね!いつの間にか鼻息荒げて「よ~し!!

オイラがまるまるハブごと創っちゃう!!!」なんて出来たhubでゴザイマス。。。

ここまで出来たのもrinng project発案者MODULEのisoさんをはじめ、懲りずにテストを

して下さるライダーの方々達のおかげだニャーなんて思う、そんな昼下がり。。。


Bookmark and Share

えと…

BLOG Rinng RINNG project

えと…

ガラにも無くブログ始めます。お見苦しいかと思いますが…

先ずRinng projectの発案者でも有るMODULE isoさんを始めにRinng HUBをテストして下さる

各ライダーの皆様に深く御礼申し上げます。

 

なんて堅苦しいのはもっとガラにも無かった!

それはそうと、過去何度かの試作&テストしてようやくHUBも形になって来たかな~なんて

気がします。本格的な販売は未定だけど皆さんに喜んで頂ける商品をイロイロ提供して

行ければと思います。SU…SU…SUZUKIBUHIN!

 


Bookmark and Share

1